このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24707
本文ファイル
Thumnail 55-1980.pdf 1.33 MB
別タイトル
Foraging Ecology of the Pomacentrid Fish Chromis margaritifer and Pornacentrus coelestis at Kuchierabu Island
著者
野田 幹雄
池田 至
橋本 博明
具島 健二
キーワード
個別摂餌
シコクスズメダイ
食性
ソラスズメダイ
動物プランクトン
particulate-feeding
Pomacentridae
zooplankton
feeding habit
NDC
動物学
抄録
小型のスズメダイ科魚類であるシコクスズメダイ Chromis margaritifer とソラスズメダイ Pomacentrus coelestis の採餌様式について潜水観察と胃内容物調査および飼育実験の結果から検討した。両種ともに水中の餌生物をついばむ'個別撰餌'と基盤上の藻類を噛み取る'はみ取り'が観察された。個別摂餌の観察頻度が両種とも70%を超えたが、ソラスズメダイでははみ取りも普通に観察された。胃内容物の分析では、両種とも浮遊性カイアシ類と藻類が主要な餌生物であった。胃中のカイアシ類の体長組成を両種間で比較するとシコクスズメダイはより大型のカイアシ類を利用した。ソラスズメダイは個別摂餌が不活発になるとはみ取りへ移行することが多かった。連続した複数回の噛む動作からなるはみ取りでは、個別摂餌が不活発な状態からはみ取りへ移行した場合に一続きのはみ取りの噛む回数が増加した。飼育実験の結果では、浮遊状態にある底生藻類の破片を摂食することは両種ともになかった。動物プランクトンの短期変動との関連においてこれら2種の採餌様式が議論された。
抄録(英)
Foraging behavior and diet of Chromis margaritifer and Pomaceritrus coelestis were investigated on shallow reef habitats at Kuchierabu Island (30° 28' N, 130° 12' E), southern Japan, from July to November 1988. Observations of feeding behavior of both species showed major utilization of planktonic prey; more than 70% of the foraging (C. margaritifer, 99%; P. coelestis, 78%) was particulate-feeding in the water column and the other was browsing on the substratum. Differences in foraging between the two species were conspicuous in frequency of browsing and P. coelestis were often seen browsing. On the basis of stomach content analysis, both species preyed mainly on planktonic copepods and benthic algae, and in particular, algae were relatively more important to P. coelestis. In addition, C. margaritifer tended to prefer relatively larger planktonic copepods. A shift from particulate-feeding to browsing showed a difference in accordance with the intensity and activity of particulate-feeding for P. coelestis; a shift to browsing following inactive particulate-feeding was frequently observed. Number of bites in browsing for P. coelestis was much more in bouts of browsing following inactive particulate-feeding than in bouts of browsing following active particulate-feeding. In a feeding experiment using a small acrylic tank, both species exhibited no feeding on floating benthic algae collected in the field. Feeding pattern of both species were discussed in relation to short-term fluctuations in density of prey-sized zooplankters.
掲載誌名
生物生産学研究
35巻
2号
開始ページ
113
終了ページ
123
出版年月日
1996-12
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
1341-691X
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧