このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24706
本文ファイル
55-1979.pdf 581 KB
別タイトル
Feeding Habits of Pinguipendid and Synodontid Fishes at Kuehierabu-jima
著者
渋野 拓郎
重田 利拓
阿部 寧
藤田 矗
橋本 博明
具島 健二
キーワード
口永良部島
トラギス科
エソ科
待ち伏せ型採餌
底生性肉食魚類
食性
Kuchierabu-jima
Pinguipendidae
Synodontidae
ambush hunting
demersal carnivorous fish
feeding habits
NDC
動物学
抄録
南西諸島口永良部島の磯水域においてトラギス科2種、オグロトラギス Parapercis polyophtalma、ワヌケトラギス Parapercis cephalopunctata、エソ科魚類4種、オキエソ Trachinocephalus myops ミナミアカエソ Synodus variegatus、マダラエソ Saurida gracilis、マエソ Saurida sp. の胃内容物を調査した。トラギス科・エソ科とも岩・死サンゴ岩盤上、転石、小石場、砂地に生息しており、海底に静止し近づいてきた餌に飛びついて捕らえる待ち伏せ型の摂餌方法をとる。双方の魚類とも主な餌生物は底生性の甲殻類、魚類であるが、ワヌケトラギスでは小型個体は底生性魚類も摂餌するが、成長に伴い甲殻類中心へと食性が変化するのに対し、オキエソでは成長に伴い甲殻類から表層性魚類ヘ、ミナミアカエソでは成長に伴い底生性魚類から表層性魚類へと食性が変化した。
抄録(英)
The guts contents of two species of penguipendid fishes, Parapercis polyophtalma and Parapercis cephalopunctata, and four species of synodontid fishes, Trachinocephalus myops, Synodus variegatus, Saurida gracilis and Saurida sp. in shallow reef water around Kuchierabu-jima Island, southern Japan, were analyzed. Both penguipendid and synodontid fishes commonly inhabit on rocks, dead coral, boulders, gravel, and sand paches in the reef. They are typical ambushers which rest immobile on the sea floor and suddenly attack prey which come within striking distance. They preyed mainly on demersal small crustaceans and small fishes. In penguipendid fish, although smaller fish of P. cephalopunctata preyed on fish and small crustaceans, larger ones preyed mainly on small crustaceans. In synodontid fish, feeding habits of T. myops changed with fish growth, from small crustaceans to pelagic fish, and that of S. variegatus changed with fish growth, from demersal fish to pelagic fish.
掲載誌名
生物生産学研究
35巻
2号
開始ページ
105
終了ページ
111
出版年月日
1996-12
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
1341-691X
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧