このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45806
本文ファイル
別タイトル
The effects of change in the industrial agglomeration to the growth of labor productivity in the Chinese manufacturing industry
著者
李 博
キーワード
中国の地域経済
製造業労働生産性
産業集積
Labor productivity
Industrial agglomeration
Chinese manufacturing industry
JEL Classification: R11
JEL Classification: O11
JEL Classification: O47
NDC
経済
抄録
本研究は、産業集積論の視点から、中国の製造業における労働生産性成長要因を産業集積変化(同業種集積と異業種集積)、資本労働比率、地域規模に分けて、それぞれ労働生産性成長との関係を地域別に分析した。
その結果、1999年から2007年までの間、中国の製造業の労働生産性は成長したものの、同業種集積と異業種集積による効果はいずれも負の地域が多く、生産性成長分の多くは個々の業種自身によるものであること、資本労働比率による労働生産性成長効果は経済的先進地域ほど小さいこと、地域の規模の拡大が製造業労働生産性成長を促進できることが明らかになった。
抄録(英)
This paper analyzed the effects of change in the industrial agglomeration to the growth of labor productivity in the Chinese manufacturing industry, considering the types of industrial composition, capital-labor ratio and scale of agglomeration.
We can see such results through the panel data analysis on 29 regions in China between 1999 and 2007 that; both of the same and different types of industry have negative effects to the growth of labor productivity in many regions; the growth of labor productivity owes not a little to the matter of respective businesses; the effects of capital-labor ratio to the growth of labor productivity are decreasing in the advanced regions; scale of agglomeration has a positive correlation with the growth of labor productivity.
掲載誌名
地域経済研究
28号
開始ページ
51
終了ページ
58
出版年月日
2017-03
出版者
広島大学大学院社会科学研究科附属地域経済システム研究センター
ISSN
1884-7455
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧