このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42704
本文ファイル
著者
中條 和光 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
森田 愛子 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
キーワード
ジョハリの窓
自己理解
自己表現
NDC
教育
抄録
コミュニケーション能力は,社会において他者と関わる上で必要な基礎的能力と位置づけられ,その育成への取り組みが求められている。本稿では,中学校1年生を対象とし,生徒に自己を多面的に捉え表現することを促す授業実践について報告する。また,同授業実践における自己の捉えの推移を分析したところ,自己への捉えを見直したり,自己を表現することの良さに気付いたりする機会となること,他者理解においても有効であることを示す。
掲載誌名
中学教育 : 研究紀要
48巻
開始ページ
61
終了ページ
67
出版年月日
2017-03-31
出版者
広島大学附属東雲中学校
ISSN
1344-1531
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧