このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 37959
本文ファイル
別タイトル
The Curriculum Development of Ball Game with a Net to Connect Learning from Elementary to Junior High School : Through the practice of 'Catch, Toss, and Spike Game' for 7th graders
著者
キーワード
ネット型
バレーボール
カリキュラム
タスクゲーム
ball game with a net
volleyball
curriculum
a task game
NDC
教育
抄録
本研究の目的は,小・中学校の学びをつなげる球技「ネット型」のカリキュラム開発である。中学校第1学年において,バレーボールに関する簡易ゲーム教材を段階的に実施するカリキュラムを立案し,授業実践を行った。そのねらいは,ゲームにおいてオーバーハンドパスを多く活用することと,チーム内の連係による意図的なつなぎを発揮できるようにすることである。その結果,バレーボールに関する本質的理解と動きの質が向上する傾向が示唆されたとともに,バレーボールに対する愛好度の向上が認められた。
抄録(英)
This research aims at the curriculum development for volleyball to connect learning from elementary to junior high school. For 7th graders, a curriculum to implement a material of a simple game in stages was made and a class with the curriculum was practiced. The game aimed that students use overhand passes a lot in a game and pass intentionally with a teamwork in a team. As a result, these two points were enhanced; the essential
掲載誌名
中学教育 : 研究紀要
46巻
開始ページ
65
終了ページ
72
出版年月日
2015-03-18
出版者
広島大学附属東雲中学校
ISSN
1344-1531
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧