このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 37953
本文ファイル
別タイトル
A Study of Instruction to Make Students Read Classics Actively IV : The practice of the instruction of Chinese classics with the deductive activity
著者
キーワード
漢字
白文
推論する
漢語の構成
kanji characters
unpunctuated Chinese texts
deductive
structure of Chinese words
NDC
教育
抄録
本研究の目的は,漢文学習に推論する活動を取り入れることが,学習への関心・意欲を高めるのに効果的であるか,また,漢語の構成を理解することが漢文を訓読する際に有効にはたらき,情景理解にかかる内容理解を促すことに繋がるか,という2点について検証することである。示された白文を読む際に,「推論する」学習活動を行わせることで,生徒は作者の心情や行動を自分の言葉で自由に表現しようとする意欲の高まりが見られた。また,単元のはじめに漢語と和語の構成の違いを理解する学習を取り入れることで,意味だけではなく,はたらきに目を向けて漢字を読もうとするようになり,漢文を訓読する際に語と語の繋がりを意識し,情景の理解を助けることに繋げることができた。
抄録(英)
The purpose of this research is to inspect these two things. First, it would be effective to introduce the deductive activity into the learning of Chinese classics in order to enhance students' interest and motivation to learning. Second, understanding the structure of Chinese words would offer the effective Japanese reading of Chinese words and the comprehension of the contents. When the students try to read unpunctuated Chinese texts which were shown, the enhancement of their motivation to try to express the writer’s feeling and action with their words freely by letting them have the deductive activity was found out. Besides, through the introduction of the learning to understand the difference of the structure between Chinese words and native Japanese words at the beginning of the unit, the students come to read kanji characters considering the functions as well as the meanings, which could offer the understanding of the scenes thinking of the link between words when they read unpunctuated Chinese texts.
掲載誌名
中学教育 : 研究紀要
46巻
開始ページ
19
終了ページ
26
出版年月日
2015-03-18
出版者
広島大学附属東雲中学校
ISSN
1344-1531
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧