このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39791
本文ファイル
別タイトル
Locke Studies in Post-war Japan (1946-1969)
著者
NDC
西洋哲学
抄録(英)
This paper provides an overview of the studies of John Locke's works in post-war Japan. Among his works, the Second Treatise of Government attracted much interest because of its social contract theory. Anticipating the development of democracy in Japan, post-war studies of the Second Treatise often disputed whether Locke's political theory provided an applicable model and raised the issue of whether Locke's theory of "trust" should be examined in relation to his understanding of the English legal tradition.
掲載誌名
廣島法學
39巻
4号
開始ページ
216
終了ページ
199
出版年月日
2016-03-18
出版者
広島大学法学会
ISSN
0386-5010
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
許可なく複製・転載することを禁じる。
部局名
社会科学研究科
他の一覧