このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 25384
本文ファイル
別タイトル
陳淵的思想 : 在北宋末南宋初期的承継道学的一箇面貌
Chen Yuan(陳淵)'s Thounght : An aspect of succession of Daoxue(道学) in the end of the Northern Song Dynasty and the early years of the Southern Song Dynasty
著者
市来 津由彦
NDC
東洋思想
抄録(他言語)
本論文研討在北宋末南宋初時期福建北部地区出身的士人陳淵(1077-1145)的思想。根拠這研討, 本文試図照明出来在南宋中期従這地区出現来的朱熹的思想被形成的環境。梗概如下:

1. 導言; 従在北宋末南宋初時期的地区的学縁網絡的視点, 応該再次検討従二程到朱熹的旧来的師承学統論。

2. 本文主要地従跟陳淵的叔祖陳瓘和陳淵的老師楊時的関係探討介紹陳淵的足跡。

3. 本文分析向楊時表明請益時的陳淵提出的質問和在楊時思想的影響下被写出来的陳淵的存誠斎銘其他的資料。

4. 本文研究在存誠斎銘上看出来的跟在仏学的禅定似的修養法的意味。

5. 結語; 在朱熹的初期思想和他的定論形成的両箇局面, 在北宋末南宋初時期被形成的這在福建北部的道学和其人脈成為朱子学被形成前提的山麓。
掲載誌名
広島大学文学部紀要
58巻
開始ページ
21
終了ページ
40
出版年月日
1998-12-25
出版者
広島大学文学部
ISSN
0437-5564
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
文学研究科
他の一覧