このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41210
本文ファイル
別タイトル
純度の低いブドウ糖液から複塩法によるブドウ糖結晶製造
著者
Hosaka, Hideaki
NDC
生物科学・一般生物学
抄録
従来不可能視されていた不純物質の多い木材加水分解糖液は,糖液のD.E.が90%以上であれば,煎糖方式によって連続的に結晶が可能であり,複塩結晶の収率は80%に達した.工場規模では実験室試験よりも晶出時間を延長した理由もあって更によい結果を示した.

また,従来の複塩分解によるブドウ糖結晶中の食塩残存率は0.6-0.8%と多く,商品価値として難点となっていたが,使用水量,シード粒径,投入方法などの分散分析により,食塩残存率を0.05%以下にする管理方法を決定した.実験室試験における誤差変動は,工業装置では少ないという結果を得ている.複塩法による不純物質の多い糖液の結晶は直接法に比して,その製品性状と収率がかなりよい結果であった.
抄録(英)
1) About the formation of the double salt: the panboiling method is possible in case of the D. E. is above 90%, the yield is more than 80%. This yield almost coincides with TANEDA'S equation in laboratory. Also the yield increases more than his equation by using longer settling times in a commercial plant.

2) The yield of crystallized glucose on the decomposition changes remarkably by mean of the permissible quantity of sodium chloride that is left in the crystallized glucose. The quantity of water to be used determined respectively for each upper control. If the water used contains 140 percent per glucose, the yield of crystallized glucose is 50 percent. The error variance of observed value in the commercial plant was small than the error variance in laboratory.
掲載誌名
広島大学水畜産学部紀要
13巻
1号
開始ページ
67
終了ページ
81
出版年月日
1974-07-31
出版者
広島大学水畜産学部
ISSN
0440-8756
NCID
NAID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧