このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41172
本文ファイル
別タイトル
鶏精子の凍結乾燥に関する研究 : I. 鶏精子の凍結乾燥用保護媒質について
著者
Watanabe, Moriyuki
Kato, Shuichi
NDC
畜産業
抄録
鶏精子の凍結乾燥用保護媒質として全乳,卵ク液,ゼラチン,卵ブ液およびグリセリン卵ブ液を用いて実験を行なった結果は次の如くである.
1. グリセリン卵ブ液を保護媒質とした精液では復元後何れの場合も活力のある精子が観察され,或る実験では活力++以上を示すものが20%もあり,運動力のある精子の出現割合は平均37%であった.
2. 卵ブ液を保護媒質とした精液では活力++以上を示すもの10%の1例を除いては運動精子は観察されず,その出現割合は平均10%であった.
3. 全乳,卵ク液およびゼラチンを保護媒質とした精液では復元後全く運動精子が観察されなかった.
4. 現在の処5つの保護媒質の中でグリセリン卵ブ液が最も適した保存液のように思われる.
抄録(英)
The present experiment was undertaken in order to determine the diluents suitable for the freeze-drying and reconstitution of fowl spermatozoa. Whole milk, egg yolk citrate solution, gelatin, egg yolk glucose and glycerol egg yolk glucose solution were used for the extender of semen. The results are as follows;
1. In the semen samples diluted with glycerol egg yolk glucose solution, motile spermatozoa were observed at every experiment and the spermatozoa in some case showed 20 percent motility (over ++) and the percentage of motile spermatozoa recovered averaged 37 percent.
2. In the semen samples diluted with egg yolk glucose solution following freeze-drying and reconstitution, motile spermatozoa were not observed with the exception of one single experiment which the motility showed 10 percent (over ++) and the percentage of motile spermatozoa recovered averaged 10 percent.
3. In semen sample diluted with the other three diluents, i.e., whole milk, egg yolk citrate solution and gelatin, motile spermatozoa were not observed at all.
4. Therefore, out of above 5 diluents glycerol egg yolk glucose solution seemed to be the most adequate medium for withstanding freeze-drying preservation of fowl spermatozoa.
掲載誌名
広島大学水畜産学部紀要
11巻
1号
開始ページ
33
終了ページ
37
出版年月日
1972-07-31
出版者
広島大学水畜産学部
ISSN
0440-8756
NCID
NAID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧