このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39618
本文ファイル
別タイトル
牛乳の無脂固形成分含量の季節的変動
著者
Anagama, Yuzo
Kami, Takayasu
NDC
畜産業
抄録(他言語)
Der Gehalt an fettfeier Trockenrnasse der Kuhrnilch war vom Dezember bis zum Marz am hochsten und vom Juni bis zum August am niedrigsten.

Die Ursachen fiir diese Unterschiede werden besprochen, an Hand der bisherigen Untersuchungen anderer Autoren.
掲載誌名
広島大学水畜産学部紀要
1巻
3号
開始ページ
373
終了ページ
378
出版年月日
1957-12-25
出版者
広島大学水畜産学部
ISSN
0440-8756
NCID
言語
ドイツ語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧