このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 36153
本文ファイル
著者
Matsukawa, Shigeru
Okamura, Kumiko
NDC
経済
抄録(英)
Matsukawa, Okamura and Taki (2012) show that in a neoclassical Phillips curve model, two types of discretionary equilibria can be characterized as a deflationary equilibrium and a highinflation equilibrium and the absolute value of feedback coefficient on the lagged output gap is larger for the former. This paper points out that inflation targeting can be supported by activist monetary policy in bringing inflation down, if the economy is in a high-inflation equilibrium, but not in getting out of the deflationary trap if the economy is in a deflationary equilibrium.
掲載誌名
廣島大學經濟論叢
38巻
1号
開始ページ
77
終了ページ
90
出版年月日
2014-07-25
出版者
広島大学経済学会
ISSN
0386-2704
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2014 広島大学
部局名
社会科学研究科
他の一覧