このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 29325
本文ファイル
別タイトル
Censorship of a communication and attitude change induced by psychological reactance
著者
NDC
心理学
抄録
本研究の目的は, 心理的反発理論の立場から, コミュニケーションの検閲によってもたらされる態度変容を実験的に検討することであった。

用いた操作変数は, 高・低2水準の検閲者の勢力および高・低2水準のコミュニケーションの自由の重要性であり, 検閲者の勢力が大きいほど, また, コミュニケーションの自由が重要であるほど, 検閲によって生じるコミュニケーションの立場の方向への態度変容は大であろうと予想した。

被験者は女子大生200人で, 4実験群と1統制群に対して無作為に配置した。話題は大学における服装(制服-私服)であり, 検閲されたコミュニケーションの立場は制服反対, 検閲者である大学当局の立場は制服賛成とした。実験操作および実験前・後の質問紙はすべてパンフレットに含まれた。なお, 実験は, 他の女子大における服装に関するコミュニケーションの検閲事件に対する感想を聞くという設定で行った。

本実験で得られた主な結果は次の通りである。

(1)操作変数は態度変容に何の効果も及ぼさず, 仮説は支持されなかった。

(2)検閲は, 元々の立場がコミュニケーションと反対であった受け手の間でのみ, コミュニケーションの立場の方向への態度変容を生じさせた。

(3)検閲は, コミュニケーション話題である服装が重要だと元々認知していた受け手に対して, コミュニケーションの立場の方向への態度変容を生じさせた。

本実験で得られた結果は, すべて心理的反発理論によって解釈された。
抄録(英)
This experimental study on censorship was conducted to investigate the effects of censors' power and the importance of the freedom of communication on recipients' attitude change. It was hypothesized that powerful censor would produce greater attitude change toward the attitudinal position of the censored communication, and that recipients would show greater attitude change toward the position of the communication when the freedom of communication was important than when not important.

The subjects were 200 female college students and they were each randomly assigned to one of the four experimental groups and one control group. Experimental groups were exposed to censored materials which dealt with the threat to freedom of dress in the women's college. They were asked to respond to questionnaires immediately before and after having been exposed to them.

Following results were obtained.

(1) Censors' power and the importance of the freedom of communication had no effect on attitude change.

(2) In the censorship condition, the recipients who had had innitially the same position with the censored communication showed significant attitude change toward the position of the communication, but others didn't.

(3) In the censorship condition, the recipients who innitially perceived the freedom of dress important showed greater attitude change toward the position of the communication than who didn't.

The results in the present experiment were interpreted with the psychological reactance theory.
掲載誌名
広島大学教育学部紀要. 第一部
26号
開始ページ
259
終了ページ
269
出版年月日
1978-03-20
出版者
広島大学教育学部
ISSN
0440-8705
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧