このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 44985
本文ファイル
著者
田中 秀太郎
NDC
教育
抄録
2011年度より,小学5,6年生で年間35時間の外国語活動が必修化され,中学校に入学してくる生徒は,音声を中心に英語に慣れ親しんでいる。こうした背景をふまえ,英語学習におけるスムーズな小中間の接続とは何かについて考察する。生徒の英語学習に対する素地を十分に生かし,中学校でも英語に触れる機会を増やすように努めなければならない。本稿では,当校2016年度の中学1年生で実践した授業について報告する。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
57巻
開始ページ
204
終了ページ
209
出版年月日
2017-03-31
出版者
広島大学附属福山中・高等学校
ISSN
0916-7919
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧