このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 44946
本文ファイル
著者
NDC
教育
抄録
文部科学省研究開発指定のもとで,社会科学入門という科目の実践と「交渉」(negotiation)を取り入れた授業開発とその実践に取り組んできた。本稿では,P. F. ドラッカーの理論および国立教育政策研究所平成24年度プロジェクト研究調査研究報告書「社会の変化に対応する資質や能力を育成する教育課程編成の基本原理」にもとづいて,この取り組みの理論的背景をまとめる。また,議論型授業によく用いられるトゥールミンモデルを用いた授業と「交渉」を取り入れた授業の違いを示しつつ,成果と課題および今後の見通しについてまとめる。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
55巻
開始ページ
173
終了ページ
178
出版年月日
2015-03-20
出版者
広島大学附属福山中・高等学校
ISSN
0916-7919
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧