このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32975
本文ファイル
著者
NDC
教育
抄録
こどもの現在の健康の確保と,将来にわたる健康の保持・増進に必要な体力の育成にとっては,現行の中学校学習指導要領に示されている保健体育の授業時間数では不十分と言えよう。そこで,本研究に於いては,特に呼吸機能の発育・発達の促進をはかるためには,発育急進期に当たる中学生の時期において,どのような運動に関わる生活を送ることが大切なのか,且つまた,有効であるのかという指針を得ることを目的とした。具体的には,肺活量の増加に注目し,保健体育の授業以外の日常的な運動がどのような影響を与えるのかということを検証した。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
49巻
開始ページ
275
終了ページ
280
出版年月日
2009-03-20
出版者
広島大学附属福山中・高等学校
ISSN
0916-7919
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧