このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32934
本文ファイル
著者
NDC
教育
抄録
美術において基礎とは何か。美術作品の鑑賞と表現の中で何が重要なのだろうか考えてみた。鑑賞するときには、その作品の制作者の考え方、時代背景、表現様式、表現技術などの知識が必要だろう。そして、表現する上では想像力、構成力、表現技術などが必要になる。多くの生徒たちは、表現するとき、何をどう表現するかで考え込んでしまい、そこから展開していくことが難しいという現実がある。では想像力を身につけるためには、何をすればいいのか。美術作品を制作するときには芸術家はいったい何を考えているのか。そういったことを学んでいきながら、美術作品を読み取る力を養っていき、想像力を膨らませ、生徒自身の作品制作にも生かしていきたい。そして、芸術とは何か。といった根本的な問題まで迫っていきたいと考えている。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
46巻
開始ページ
343
終了ページ
347
出版年月日
2006-03-20
出版者
広島大学附属福山中・高等学校
ISSN
0916-7919
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧