このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32928
本文ファイル
著者
岩田 耕司
NDC
教育
抄録
本校では,平成15年度から3年間,文部科学省の研究開発学校に指定され,科学的思考力や独創性などの能力を培うための科学教育「サイエンスプログラム」を開発し,研究実践を行っている。サイエンスプログラムは,理数教科だけが行うのではなく,全ての教科と総合的な学習において,それぞれの多様なアプローチによって,科学的な思考力や科学への興味関心を育むためのプログラムを実践するもので,当校の教育課程に組み込まれている。

本稿は,サイエンスプログラムの開発に対し,本校数学科がどのような取り組みを行っているのかについて報告するものである。そのため,まず,サイエンスプログラムの全体像について概説し,その中での数学科の位置づけを述べる。そして,サイエンスプログラムの開発に向けた,数学科の取り組みの理論的背景について説明する。そして,中学校第3学年を対象としたサイエンスIIについて,開発したカリキュラムの具体を示す。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
46巻
開始ページ
303
終了ページ
312
出版年月日
2006-03-20
出版者
広島大学附属福山中・高等学校
ISSN
0916-7919
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧