このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 545
本文ファイル
著者
和田 文雄
NDC
教育
抄録
「地域調査」は, 高等学校地理においてその本質ともいうべき重要な位置にあり, 学習指導要領においてもその実施が強調されているにもかかわらず, ほとんど実施されていない。指導のむつかしさがその大きな理由である。本論では, 高等学校地理で重視すべき課題方式による「地域調査」をとりあげる。それを授業と同じく探求としての学習活動と位置づけ, その問題点克服のため, 教師による「地域調査」を授業の形で実施し, その後でテーマ設定から調査の過程について生徒に具体的に説明するという事前指導の方法を提案する。ここでは教師による身近な地域の「地域調査」として倉敷市の水島臨海工業地帯をとりあげ, その成立要因を探求し, 明らかにする「地域調査」を内容とする授業実践を紹介する。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
41巻
開始ページ
71
終了ページ
76
出版年月日
2001-03-17
出版者
広島大学教育学部附属福山中・高等学校
寄与者
国立情報学研究所
作成年月日
2006-03-21
ISSN
0916-7919
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧