このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 519
本文ファイル
著者
畦 浩二
NDC
教育
内容記述
生徒の日常生活においては, 「負」のイメージが強い芦田川を上流域から下流域にかけて, 生物学的側面と化学的側面の両面から調査を行った。調査結果は, 生徒が作成したホームページに報告書としてまとめ掲載した。この課題研究を通して, 生徒は地域的な視点での環境問題に気づき, それを理解し, さらには, その中から新たな課題を見いだすこともできた。このような地域的な視点からの活動は, 自己の生活に根ざした環境学習を展開するうえで大事と考えられる。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
40巻
開始ページ
19
終了ページ
23
出版年月日
2000-03-18
出版者
広島大学教育学部附属福山中・高等学校
寄与者
国立情報学研究所
作成年月日
2006-03-21
ISSN
0916-7919
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧