このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 495
本文ファイル
著者
柏原 林造
NDC
教育
内容記述
社会と科学との関係を考慮した理科教育を考えるとき,高等学校化学では,身の回りの物質や,環境問題,科学の歴史などを教材として扱うことができる。このような化学カリキュラムとして開発された「ナフィールド整合理科 化学」(イギリス)と「ケムコム」(アメリカ合衆国)を我が国の化学の教科書とアルミニウムの取り扱いについて比較した。化学の知識を学習しながら,かつ科学に関する社会現象について学習することは時間的制約が大きい。基礎的知識の学習を中心にしてアルミニウムを教材にして扱うと,多くの場面でこの目的に沿った教材を編成できることを述べた。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
37巻
開始ページ
125
終了ページ
129
出版年月日
1997-03-11
出版者
広島大学教育学部附属福山中・高等学校
寄与者
国立情報学研究所
作成年月日
2006-03-21
ISSN
0916-7919
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧