このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 459
本文ファイル
著者
大野 誠
NDC
教育
内容記述
日々の授業で生徒達に何を一番に与えたいのかと自問すれば, サブタイトルに掲げたように, 人に頼らずになんとか自分で物事に対処しようとする(muddle through)姿勢に他ならない。自分でできることは自分でする, 自分一人でできないことは教師や友達の助けを借りてするのが本来の姿であろうが, 現実には, 自ら考えようとせず, ただ与えられたものだけを消化していくだけで「勉強」した気になって満足している生徒が多いのではなかろうか。そういった受け身の姿勢から脱却するための手立てをいくつか講じてみた。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
34巻
開始ページ
99
終了ページ
104
出版年月日
1994-03-10
出版者
広島大学教育学部附属福山中・高等学校
寄与者
国立情報学研究所
作成年月日
2006-03-21
ISSN
0916-7919
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧