このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 21338
本文ファイル
著者
濱 森太郎
NDC
日本文学
抄録
「泊船本」の用字法は「画巻本」の啓蒙的な用字法を継承し、さらに整理・統合したものと言える。また、整理・統合された表記の単調さは、要所に極致畳、装飾字母を配置することで極力カバーされている。このため、使用字母並びにその用法に「画巻本」と幾分食い違いが生じたが、この集中利用される仮名字母と微量の装飾字母とのバランスの中に、「泊船木」筆者並びに清書者の力量が折り込まれているのである。
掲載誌名
国文学攷
141号
開始ページ
10
終了ページ
24
出版年月日
1994-03-31
出版者
広島大学国語国文学会
ISSN
0287-3362
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
文学研究科
他の一覧