このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42788
本文ファイル
別タイトル
The Development and Characteristics of Teacher Education in Early Life Environment Studies : Practices to Share the Essence of the Subject <Research Article>
著者
渡邉 巧
キーワード
生活科
教師教育
教科教育
教科の本質
教科観
Life Environment Studies
Teacher Education
Curriculum and Instruction
Essence of the Subject
Views of the Subject
NDC
教育
抄録
本稿では,1992年の完全実施前後から1998年の学習指導要領改訂頃に注目し,初期生活科における教師教育論の展開と特質を明らかにする。分析対象としては,大学用テキストを取り上げる。初期生活科においては,どのような生活科教師の育成が目指されていたのか。それをどのように育成しようとしたのか。これらの問いを検討した。結果,以下の2点が明らかになった。第1に,教科の本質を教師たちと共有することが目指されている。第2に教科の本質を捉えさせる方法には,4つのパタンを見出すことができる。それらは,理論的説明型,代替案提示型,授業事実による構築型,人生経験による構築型である。理論的説明型は,子どもの学習を重視するものと,子どもを取り巻く社会を重視するものに分かれる。このような初期生活科の教師教育論は,教科教育における教員養成・研修の根源的なあり方を示している。
抄録(英)
This study focuses on teacher education for life environment studies (LES) from around 1992 to 1998 and aims to clarify the development and characteristics of teacher education in early LES through an analysis of LES textbooks for pre-service teachers. The following two questions are addressed: (1) What kind of LES teachers were intended to be produced in early LES? (2) How were they intended to be produced? The analysis revealed two points. First, the aim of sharing the essence of the subject with pre/in-service teachers. Second, the results show four different approaches to conveying an understanding of the essence of the subject: (1) the theoretical explanation type, (2) the alternative presentation type, (3) the construction from lessons type, and (4) the construction from life experiences type. The first of these is further divided into a child's-learning-oriented type and a society-surrounding-the-child type. This research may help design teacher education in relation to curriculum and instruction.
掲載誌名
初等教育カリキュラム研究
5号
開始ページ
19
終了ページ
29
出版年月日
2017-03-31
出版者
初等教育カリキュラム学会
ISSN
2187-6800
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2017 初等教育カリキュラム学会
他の一覧