このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 35893
本文ファイル
著者
小林 歩
キーワード
家庭科
「つまずき」の状況
「つまずき」の要因
独自性
NDC
教育
抄録
本研究は,家庭科における「つまずき」の実態を把握し,家庭科を学習するうえでの「つまずき」の要因及びその構造を検討することを目的とした。

研究方法はH大学教育学部の大学生を対象に家庭科の「つまずき」に関する質問紙調査を実施し,KJ法を用いて分析した。その結果,家庭科の学習項目の中でも,ミシンの使い方,玉結び・玉どめ,栄養教育の順につまずく頻度が多かった。それらの「つまずき」の要因としては①授業の前提となる知識・技術の不足②学習者の内的原因③不適切教材④教師の不適切な指導方法⑤学習機会が確保できないこと⑥学習意義の未理解⑦生活への一般化の7つに分類された。そのうち,「学習意義の未理解」「生活への一般化」は家庭科独自の要因と捉えられた。
掲載誌名
初等教育カリキュラム研究
1号
開始ページ
69
終了ページ
79
出版年月日
2013-03-31
出版者
広島大学大学院教育学研究科初等カリキュラム開発講座
ISSN
2187-6800
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧