このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39429
本文ファイル
別タイトル
Study of Bruner’s Educational Theory (5) : Focusing on After World War Ⅱ
著者
今井 康晴
キーワード
ブルーナー
第二次世界大戦
ニュー・ルック
Bruner
World War Ⅱ
New Look
NDC
教育
抄録(英)
This study examined the formation process of the education theory of Bruner from his autobiography. In this paper, I focus on After World War Ⅱ . After the war, he began again the study of psychology. The main point of view, was the world of psychology called World Three. It is, in psychology with a focus on culture, Bruner was studied this. This paper examined the relationship between Bruner and World Three.
掲載誌名
学習開発学研究
9号
開始ページ
93
終了ページ
99
出版年月日
2016-03-16
出版者
広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座
ISSN
1883-8200
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
applicaion/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2016 広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座
部局名
教育学研究科
他の一覧