このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30297
本文ファイル
別タイトル
A Study on Home Childcare : A Focus on Bruner's Proposal for the Child-minder
著者
今井 康晴
キーワード
Home Childcare
Ch ild-minder
Br une
:在宅保育
チャイルド・マインダー
ブルーナー
NDC
教育
抄録(英)
The purpose of this paper is what in the clue examined about a home child care of Japan as for the child-minder in Britain. The process of the preschool-education in Britain and child-minder's meaning was clarified. This, study will examine the state of home childcare in Japan, based on the reformation of childcare system from 1970s through 80s in Britain, especially research and study by the Oxford preschool research group, and will also study with this clue to go on the idea of improvement from the group leader of Oxford, Bruner.
掲載誌名
学習開発学研究
2号
開始ページ
79
終了ページ
84
出版年月日
2009-03-31
出版者
広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座
ISSN
1883-8200
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2009 広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座
部局名
教育学研究科
他の一覧