このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32317
本文ファイル
別タイトル
Developmental Study on Asymmetrical Tonic Neck Reflex in Infants and School Children <Original Articles>
著者
木舩 憲幸
キーワード
幼児
児童
発達
姿勢反射
非対称性緊張性頚反射
中枢神経系の機能障害
NDC
教育
抄録
本研究においては,障害のない幼児・児童における非対称性緊張性頚反射の出現率を年齢差,男女差,頭部回転方法による差に注目して比較することを目的とした。研究参加者は幼稚園に通っている障害のない幼児と,小学校の1年生,3年生と4年生の計162名であった。年齢差の要因に関しては,年少,年中,年長,1年,3年,4年の全学年において,四つ這い位での非対称性緊張性頚反射が誘発された。しかし,その出現率は低年齢ほど高かった。性差に関しては男性よりも女性の非対称性緊張性頚反射が誘発されやすいという結果であった。回転法に関しては,受動的回転よりも能動的回転のほうが非対称性緊張性頚反射が誘発されやすかった。しかし回転方向における主効果はみられなかった。
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要
8号
開始ページ
5
終了ページ
8
出版年月日
2010-03
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN
1883-5406
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧