このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49085
本文ファイル
別タイトル
How much do college students know about developmental disabilities, and what do they think about reasonable accommodations?
著者
村上 理絵 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
吉利 宗久
津島 靖子
キーワード
大学生
発達障害
知識
合理的配慮
college students
developmental disabilities
knowledge
reasonable accommodation
抄録
本研究では、大学生の発達障害に対するイメージ、知識および合理的配慮への意識の傾向を明らかにするために質問紙調査を行った。その結果、イメージは「活発」や「素直」などの選択率が高く、対象者は発達障害に対して好意的なイメージを抱いていることがうかがえた。知識は10項目中7項目において正答率が80.0%を超えており、一定の知識を身につけていることが明らかになった。しかし、「発達障害は治る」などの基本的な知識や、「発達障害は子育て環境によって生じる」など身につけておかなければならない知識について、誤って理解している者もいることが明らかになった。合理的配慮への意識は8項目中6項目において90.0%以上の人が「賛成」と回答しており、大部分の対象者が肯定的な立場を示していた。一方、合理的配慮の提供が評価に直接影響を与える場合などについては、「どちらとも言えない」とする者が一定程度いた。一般学生が受け入れやすい配慮を考えることにより、障害学生に対する合理的配慮をしやすくなるだけでなく、必要な場合は支援するという一般学生の態度を育てることにもつながるのではないかと思われた。
抄録(英)
This study aimed to clarify the impressions college students have of developmental disabilities; it also examined the extent of their knowledge of this topic and their perspectives regarding reasonable accommodations for these disabilities. A questionnaire related to these topics was implemented. A high ratio of respondents selected choices such as“ active” and“ obedient” to convey their impressions, indicating that many college students see developmental disabilities in a favorable light. Regarding knowledge, the respondents answered 7 of the 10 questions correctly more than 80% of the time, indicating that they had a certain amount of awareness about the topic. However, the study also showed that some of the students had an incorrect understanding of some of the fundamental and crucial aspects of these disabilities, such as whether they can be cured or whether they are caused by the parenting environment during childhood. Regarding reasonable accommodations, over 90% of respondents agreed with 6 of the 8 items, indicating that the majority approved of these measures. However, regarding the provision of reasonable accommodation, a larger number selected “cannot say one way or the other” when these measures had a direct effect on evaluations. If considerations that are easy for regular college students to accept could be implemented, it would make the provision of assistance measures to students with developmental disabilities easier, as well as contribute to developing an attitude of support provision, when necessary, among the general student body.
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要
18号
開始ページ
83
終了ページ
90
出版年月日
2020-03-01
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN
1883-5406
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧