このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49082
本文ファイル
別タイトル
Practical study of self-reliance activities in children with intellectual disabilities : Focusing on the process from understanding the actual situation to setting goals
著者
毛利 志乃
キーワード
知的障害
自立活動
指導目標
intellectual disability
self-reliance activities
instructional goals
抄録
本研究では、知的障害児を対象とした自立活動の実践事例を通して、実態把握から具体的な指導内容を設定するまでの流れの例(以下、流れ図)を参考に実態把握から指導目標の設定までの課題点と本実践の指導内容の成果と課題を明らかにし、今後の課題について検討を行った。興味・関心のあるところから他者に要求が伝わる手段を獲得することを指導目標として指導実践を行った。指導を行う中で、児童が写真カードを使用して教師に行きたい場所を要求する様子が見られるようになり、児童の伝達手段の土台ができたと考える。今後の課題として、個々の児童に応じた自立活動の指導目標を設定するには、中心課題を設定する中で複数の教師が関わって具体的な指導内容・評価につなげる組織作りが必要である。
抄録(英)
In this study, through the practical examples of self-reliance activities for children with intellectual disabilities, We clarified the viewpoints of actual task in the process of understanding the actual situation to setting goals using“ examples of process from understanding the actual situation to setting goals” (Ministry’s curriculum guideline of self-reliance activities : 2017) as a reference and the results and problems about guidance contents of this practice, and examined future problems. The practical teaching was carried out with the instructional goals of obtaining a means to convey the child’s requests for something his interest to others. In the course of teaching, it seems that the child has started to ask the teacher where he wants to go by using a photo card, and the foundation for the child’s means of communication has been established. As a future task, in order to set guidance goals for self-sustained activities according to individual children, it is necessary to create an organization in which multiple teachers are involved in the setting of the central task and lead to specific guidance content and evaluation.
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要
18号
開始ページ
49
終了ページ
57
出版年月日
2020-03-01
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN
1883-5406
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧