このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49070
本文ファイル
別タイトル
Effect of gait environment on veering index in gait assessment
著者
門脇 弘樹
氏間 和仁 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
牟田口 辰己
キーワード
視覚障害
歩行
評価
ベアリング
visual impairment
gait
assessment
veering
抄録
本研究では、屋内環境および屋外環境による歩行環境の違いが歩行評価におけるベアリングの指標にもたらす影響について検討することを目的とした。晴眼大学生8名(男性2名と女性6名,21.63±0.48歳)を実験参加者とし、10m の歩行距離で歩行評価を行った。歩行課題は、体育館条件およびグラウンド条件で実施し、それぞれの歩行評価のパフォーマンスを比較した。その結果、ベアリングの3つの指標の内、ベアリングの量(Absolute Error)と変動(Variable Error)は、環境に左右されない個々人の特徴としてとらえられることが示唆された。また、方向の偏り(Constant Error)については、個人差があるものの、体育館条件とグラウンド条件で同じ特徴を示す実験参加者がおり、これらの指標からベアリングの特徴をとらえることで、視覚障害者の歩行を詳細に評価することができると考えられた。さらに、本研究の結果は、歩行距離60フィート(約18m)で同様の分析をした先行研究(Cratty & Williams, 1966)の結果と一致しており、視覚障害者のベアリングを評価するためには、10m の歩行距離で十分であると考えられた。
抄録(英)
The aim of this study was to investigate the effect of differences between indoor and outdoor gait environments on veering indices in gait assessment. Eight blindfolded adults without visual impairments participated in the experiment. Their gait was assessed at a walking distance of 10 m. The walking task was performed under two conditions, indoors in a gymnasium and outdoors on athletic grounds, and the performance in the respective gait assessments was compared. The results suggested that the amount of veering( Absolute Error) and variability( Variable Error) in the three indicators of veering can be regarded as individual characteristics that are not influenced by the gait environment. Also, although there are individual differences in the directional bias (Constant Error), some participants showed the same characteristics in the gymnasium condition and the outdoor ground condition. It is thought that gait can be assessed in detail by understanding the characteristics of the veering from the three indicators. In addition, the results of this study are consistent with the results of a previous study (Cratty & Williams, 1966) that conducted a similar analysis at a walking distance of 60 feet (about 18 m). A walking distance of 10m is therefore considered sufficient to assess veering in people with visual impairments.
内容記述
本研究は、JSPS科研費18J13546の助成を受けた。本論文は、平成30年度に広島大学大学院教育学研究科に提出した博士論文の一部を再編集、再分析したものである。
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要
18号
開始ページ
29
終了ページ
36
出版年月日
2020-03-01
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN
1883-5406
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧