このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42879
本文ファイル
別タイトル
Contents of the Curriculum for Teaching English at the High-School Department of Deaf Schools in Japan: Current Situation Regarding Teaching English under the Japanese Ministry’s Curriculum Guideline
著者
谷本 忠明 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
佐藤 明子
林田 真志 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
川合 紀宗 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
キーワード
特別支援学校(聴覚障害)
高等部
英語科
全国調査
学習指導要領
Japanese deaf schools
high-school department
subject of English
nation-wide survey
Japanese Ministry’s Curriculum Guideline
NDC
教育
抄録
平成25(2013)年度より,特別支援学校(聴覚障害)高等部に現行学習指導要領が学年進行で施行された。その際,それまでの教科内容が大きく変わったのが外国語(以下,英語科)であった。他方で,近年のグローバル化を踏まえて,中央教育審議会は,平成34年度からの新たな教育課程の施行に向けて,「審議のまとめ」(2016)の中で,高等学校英語科の新たな科目案を示した。しかし,聴覚障害教育においては,「聞く」,「話す」ことに困難のある生徒に対する英語科指導の教育的手立てについて,これまでも課題が指摘されてきている。他方で,「読む」,「書く」ことについても,基礎となる日本語習得の手立てを考慮しながら進めていく必要があることや,生徒の状態の多様化を踏まえた指導方法の工夫などの対応も求められている。本稿では,現行学習指導要領が施行された初年度において全国の特別支援学校(聴覚障害)高等部において開設された英語科に関して行った調査の概要を報告するととに,そこから得られた結果を踏まえて,次期学習指導要領に向けて何が求められるのかについて検討した。
抄録(英)
From 2013, the current national curriculum guideline for special needs school began to apply to deaf schools’ high school departments and lasted three years. In that new guideline, the subjects of English were changed thoroughly. In 2016, the Central Council for Education in Japan officially announced the policy report for the next national curriculum guideline starting from 2022. In this report, and in accordance with globalization, an idea for new English subjects in high-school education is provided.
However, in the education for the deaf, many tasks were indicated in the instruction process of teaching English as a foreign language because students have difficulty in listening and speaking. Moreover, in reading and writing activities, it is also necessary for the teachers to consider the procedure for students to acquire basic Japanese skills, with particular attention given in accordance with the variety of deaf student’s levels.
In this paper, the authors summarize the results of the survey of the Japanese deaf schools given in the first year of the current national curriculum guideline. The authors also proposed some tasks and discussed possible ways for deaf students to acquire English competency with a view toward the contents of the next new national curriculum.
内容記述
本稿は,平成26年度広島大学大学院教育学研究科博士課程前期特別支援教育学専攻の課題研究報告書の内容の一部に基づき作成されたものである。
掲載誌名
特別支援教育実践センター研究紀要
15号
開始ページ
33
終了ページ
41
出版年月日
2017-03-14
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN
1883-5406
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧