このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 36903
本文ファイル
別タイトル
Understanding of the Causal Relationship in Typically Developing Children <Material>
著者
キーワード
定型発達幼児
因果関係
自己の行為の理解
typical developmental children
causal relationship
understanding of own behavior
NDC
教育
抄録
鈴木ら(2014)は,行為と結果の因果関係の理解に関する課題において,学齢期の高機能自閉症者が定型発達者の課題成績とは異なる特徴を示したことを指摘した。本研究では,高機能自閉症者の課題成績が障害特徴を示唆しているのかについて,学齢期前の定型発達者にすごろく課題を実施して検証した。その結果,年長群の課題成績は良好であった。年中群は年長群と比べて著しく課題成績が低かったが,高機能自閉症者のような課題成績の特徴は見出されなかった。このことから,高機能自閉症者における因果関係の理解の特徴は障害特徴を示すことが示唆された。
抄録(英)
Suzuki et al. (2014) was pointed out that high-functioning autism in task of understanding of the causal relationship between act and result showed a characteristic that is different from the typically developing children. This study was investigated to conduct causal relationship task to school age before the typically developing children about pointing out the Suzuki et al. (2014). As a result, the characteristics of high-functioning autism was not confirmed in the typically developing children in infancy. Thus, high-functioning autism who was suggested to exhibit difficulties in understanding the causal relationship.
掲載誌名
特別支援教育実践センター研究紀要
13号
開始ページ
95
終了ページ
99
出版年月日
2015-03
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN
1883-5406
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧