このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17789
本文ファイル
別タイトル
About the Minimum Value of the Perimeter of a Triangle Inscribed in a Given Triangle
著者
河野 芳文
抄録
初等幾何において扱われる問題には様々なものがあるが,最大・最小に関するものには興味深いものが多い。ヘロンの問題「2点A,Bが直線lに関して同じ側にあるとき,l上に点PをとってAP+PBを最小にせよ」は特に有名であるが,その1つの一般化として標題の問題を考察し,教材化することを試みる。この問題の考察を通して,子供たちに数学的活動の意義や問題解決の達成感などを感じ取らせることができればと考える。なお,この問題は中学生でも十分扱えると思われるが,「数学A」を学習する高校1年生を対象として実践した。
掲載誌名
中等教育研究紀要
51号
開始ページ
69
終了ページ
75
出版年月日
2005-03-31
出版者
広島大学附属中・高等学校
国立情報学研究所
ISSN
1349-7782
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧