このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39924
本文ファイル
別タイトル
A rediscovery of Limnotrachelobdella okae (Hirudinida: Piscicolidae) from flathead grey mullet Mugil cephalus in Japan
著者
泉川 晃一
池竹 弘旭
キーワード
ウオビル類
魚類寄生虫
ヒダビル
ボラ
Limnotrachelobdella okae
Mugil cephalus
fish leech
fish parasite
flathead grey mullet
NDC
動物学
抄録
2007年7月に三重県の鍋田川河口部に近い汽水域で採集したボラMugil cephalus幼魚の鰓腔壁,2013年3月に岡山県沿岸の瀬戸内海に続く汽水路で採集したボラ未成魚の体表にヒダビルLimnotrachelobdella okae(Moore, 1924)の寄生を認めた。ヒダビルのボラへの寄生は1914年に記録されていたが,それはこれまで見落とされてきた。本報告は,ボラからのヒダビルの100年ぶりの記録である。
抄録(英)
One and seven specimens of the fish leech Limnotrachelobdella okae (Moore, 1924) were collected, respectively, from the branchial cavity of a young flathead grey mullet (Mugil cephalus) (Mugiliformes: Mugilidae) in the brackish-water estuary near the mouth of the Nabeta River, Mie Prefecture, central Japan, in June 2007, and from the body surface of five immature flathead grey mullet in a brackish waterway connected to the Seto Inland Sea on the coast of Okayama Prefecture, western Japan, in March 2013. Although the leech was reported from M. cephalus as early as in 1914 in Japan, its record has been overlooked for 100 years. The present collections represent a rediscovery of L. okae from M. cephalus.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
52巻
開始ページ
65
終了ページ
70
出版年月日
2013-12-25
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧