このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39923
本文ファイル
別タイトル
Two branchiuran crustaceans (Argulus coregoni Thorell and A. japonicus Thiele) from Kyoto and Osaka prefectures, central Japan
著者
花﨑 勝司
森本 静子
キーワード
エラオ類
魚類寄生虫
コイ
チョウ
チョウモドキ
Argulus coregoni
Argulus japonicus
Branchiura
Cyprinus carpio
fish parasite
NDC
動物学
抄録
京都府北部を流れる由良川の源流部支流,知見谷川において手網内で魚体から離れたと思われるチョウモドキArgulus coregoni Thorell, 1864を採集した。また,大阪府高槻市にある芥川緑地資料館で飼育されていたコイCyprinus carpioの体表からチョウArgulus japonicus Thiele, 1900を採集した。チョウモドキは京都府から,チョウは大阪府から,それぞれ2度目の採集記録となる。
抄録(英)
A male specimen of Argulus coregoni Thorell, 1864 was collected by a hand net in the Chimidani River, a tributary of the Yura River, in Miyama Town, Kyoto Prefecture, central Japan, on 16 September 2005. The specimen most likely detached from an unidentified fish (probably a fluvial amago salmon Oncorhynchus masou ishikawae) caught in the net. Specimens of Argulus japonicus Thiele, 1900 were collected from the body surface of a freshly dead common carp (Cyprinus carpio) in a rearing pond at Aquapia-Akutagawa in Takatsuki City, Osaka Prefecture, central Japan, on 26 August 2011. These collections represent the second records of A. coregoni and A. japonicus from Kyoto and Osaka prefectures, respectively.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
52巻
開始ページ
59
終了ページ
64
出版年月日
2013-12-25
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧