このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39922
本文ファイル
別タイトル
愛媛県産淡水魚に寄生していたイカリムシ
著者
キーワード
Candidia temminckii
Copepoda
fish parasite
Lernaea cyprinacea
Lepomis macrochirus
new locality record
イカリムシ
カイアシ類
カワムツ
魚類寄生虫
新分布記録
ブルーギル
NDC
動物学
抄録
愛媛県南部を流れる松田川水系篠川の一支流である増田川で採捕されたカワムツCandidia temminckii の尻鰭,ブルーギルLepomis macrochirus の鰓膜と尾柄部にカイアシ類の1種,イカリムシLernaea cyprinacea Linnaeus, 1758の寄生を認めた。これは,愛媛県におけるイカリムシの初記録であると同時に,四国からの第2採集例である。
抄録(英)
Specimens of Lernaea cyprinacea Linnaeus, 1758 were collected from the anal fin of dark chub (Candidia temminckii) and from the gill membrane and caudal peduncle of bluegill (Lepomis macrochirus) collected from the Masuda River, a tributary of the Sasa River within the upper Matsuda River system, in Ehime Prefecture, Shikoku, one of the four major islands of Japan. This collection represents the first and second records for L. cyprinacea in Ehime Prefecture and Shikoku, respectively.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
52巻
開始ページ
55
終了ページ
58
出版年月日
2013-12-25
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧