このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39903
本文ファイル
別タイトル
Determination of organic carbon in coastal marine particles with a CHN analyzer : effects of inorganic carbon
著者
花田 光司
池田 大樹
寺門 亜矢子
キーワード
粒状有機炭素
粒状無機炭素
海洋粒子
CHN分析計
酸処理
particulate organic carbon
particulate inorganic carbon
marine particles
CHN analyzer
acidification
NDC
水産業
抄録
無機炭素を含む海洋中粒子の有機炭素・窒素をCHN元素分析計で定量する場合には,予め酸処理により無機炭素(PIC)を除去する必要があるが,沿岸域試料で,酸処理なしでのCHN分析計の測定値を有機炭素と見做して報告している例が稀に見られる。そこで,瀬戸内海で採取された懸濁粒子,沈降粒子,および堆積物を用いて,酸処理の有無が粒状有機炭素(POC)の分析結果に及ぼす影響と,そこから派生する問題について検討した。一部の懸濁粒子や,沈降粒子および海底堆積物中の炭素の測定値は,酸処理なしの値が酸処理ありの値よりも顕著に高く,C/chl. a,C/N比なども過大評価されることが確認された。以上のことから,瀬戸内海を含む沿岸域試料でも,分析前の酸処理が必須であることが明らかとなった。
抄録(英)
Organic carbon and nitrogen were generally determined with a CHN analyzer after removing carbonate by acidification of samples with liquid acid or HCl vapor. However, some workers have conducted the CHN measurements for coastal marine particles without the acidification and reported their analytical values as POC. Here, we compared the carbon values of the CHN measurements with or without acid treatment (HCl vapor) to suspended, settling particles and sediments in Seto Inland Sea. As a result, the carbon values of samples without acidification were significantly higher than those of untreated ones. Overall, our results indicate the acidification of samples is an indispensable procedure for determining POC in various marine particles.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
52巻
開始ページ
15
終了ページ
24
出版年月日
2013-12-25
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧