このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39884
本文ファイル
別タイトル
Accumulation of Ulva spp. (Chlorophyta) and other seaweed thalli on the shallow sea bottom of Hiroshima Bay (A preliminary survey)
著者
吉田 吾郎
内村 真之
平岡 雅規
寺脇 利信
新井 章吾
キーワード
アオサ類
グリーンタイド
現存量
広島湾
小型底曳き網
biomass
green tide
Hiroshima Bay
trawl net
Ulva spp.
NDC
植物学
抄録
広島湾奥部の大野瀬戸周辺の砂泥海底域で,小型底曳き網(ナマコ桁網)と潜水により,アオサ類等をはじめとする海藻類の堆積状況を調査した。38種の海藻・海草類が採集されたが,現存量では底曳き網による採集物の64~100%をアオサ類が占めていた。アオサ類は水深5m以浅で最も多く採集され,砂浜・干潟に連続する海底勾配の緩やかな浅海底がアオサ類の増殖帯になっていると考えられた。
抄録(英)
Biomass of Ulva spp. (Chlorophyta) causing ‘green tide’ and other seaweeds accumulated on shallow sea bottom in inner area of Hiroshima Bay was estimated by trawl-net and SCUBA surveys. Thirty-eight species of seaweed and seagrass was sampled, but Ulva spp. was dominant occupying 64-100 % in biomass of all samples. Ulva spp. was sampled most abundantly at the stations shallower than 5 m, and it was indicated that sea bottom with a gentle slope, and located offshore of sandy beaches or tidal-flats offers a suitable condition for Ulva growth.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
49巻
開始ページ
31
終了ページ
38
出版年月日
2010-12-24
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧