このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39877
本文ファイル
別タイトル
The Role of Seaweed Bed for the Lower Trophic Ecosystem in Coastal Seas
著者
清水 健太
吉田 吾郎
キーワード
広島湾
藻場
低次生態系
Hiroshima Bay
Lower trophic ecosystem
Seaweed bed
NDC
生物科学・一般生物学
抄録
藻場は高い基礎生産力を持っており,沿岸海域の低次生態系に対して重要な役割を果たしていると考えられる。本研究では,瀬戸内海の各海域における藻場と水中植物プランクトンとの生産力の比較を行った。水中植物プランクトン生産量に対する藻場生産量の割合は安芸灘で最も高く(10.8%),ついで備讃瀬戸で高い値を示した(3.8%)。一方,広島湾,大阪湾,播磨灘では低い値であった(0.6, 0.3, 0.2%)。季節毎に算出した水中植物プランクトン生産量に対する藻場生産量の割合は冬季に高い割合であった。また,広島湾南部海域を対象海域として,藻場の栄養塩の吸収量・放出量・蓄積量を算出し,栄養塩収支における藻場の役割を定量的に明らかにした。その結果,窒素,リンそれぞれ河川負荷量の14, 40%に相当する量が難分解性有機物として蓄積されていることが明らかになった。
抄録(英)
Seaweed bed has an important role for the lower trophic ecosystem in coastal seas because of its high primary production. In this study, the primary production of the seaweed bed and the pelagic phytoplankton was compared in each sub area of the Seto Inland Sea. The ratio of the primary production of seaweed bed to pelagic phytoplankton was high at Aki-Nada (10.8 %) and Bisan-Seto (3.8 %), while the ratio was low at Hiroshima-Bay (0.6 %), Osaka-Bay (0.3 %) and Harima-Nada (0.2 %). Seasonally, the ratio was high during winter. The uptake rate by primary production, release rate by decomposition and stock rate as a leaves of nutrients by the seaweed bed were estimated in the southern area of Hiroshima-Bay. The quantitative contribution of seagrass bed to the nutrient budget in this area was estimated. It was estimated that 14 and 40 % of load from the river were accumulated as the less degradable organic matter for nitrogen and phosphorus, respectively.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
48巻
開始ページ
63
終了ページ
68
出版年月日
2009-12-25
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧