このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39876
本文ファイル
別タイトル
アマモの葉上着生群集の現存量および種組成の葉齢間における変動
著者
Niimura, Yoko
Tamaki, Hitoshi
Yoshida, Goro
Terawaki, Toshinobu
Iseki, Kazuo
キーワード
epiphytic community
species composition
particulate organic carbon
succession
Zostera marina
葉上着生群集
珪藻類
遷移
炭素量
アマモ
NDC
植物学
抄録
沿岸生態系や物質循環において重要な役割を果たしていることが示唆されつつも,葉上着生群集の種の遷移や現存量の経時的な変化を調べた例は少ない。そこで,アマモ葉上に生育する着生群集を採取し,その現存量と種組成を葉ごとに調べ,葉齢間で比較した。その結果,現存量(クロロフィルα,粒状有機炭素・窒素)と細胞数は葉齢が高くなるほどに高密度であり,最も若い葉を基準にするとその差はPOCで最大21倍,細胞数で最大192倍であった。優占種はシアノバクテリアのLeptolyngbya sp.,珪藻類のCocconeis scutellum, Campylopyxis garkeana, Gomphonemataceaeなどであったが,葉齢と優占種の変化には統計的に有意な差は認められなかった。着生群集中のPOCは珪藻類の細胞数と有意な相関が認められたが,全細胞数との間では認められなかった。このことはシアノバクテリアのLeptolyngbya sp. は細胞数で優占したが,細胞体積が珪藻に比べて顕著に小さい(100~700分の1程度)ためにPOCの増加への寄与が小さいことが原因と考えられた。すなわち,葉上着生群集の中で,珪藻類が有機炭素で示される現存量の主体であることが示唆された。さらに,葉齢の高いものはPOC/DWが低く,無機物含量の多い浮泥等がより付着しやすい環境になっていたと考えられる。
抄録(英)
The development of the epiphytic community on the leaves of Zostera marina was followed by comparing variations in epiphytic organic carbon, chlorophyll a, cell abundance, and species composition between the younger and older leaves. Biomass of epiphytic community on Z. marina depended on leaf age; particulate organic carbon and cell abundance on the older leaves were 21 and 192 times higher than those on the youngest leaves, respectively. The abundant taxa of epiphytic community were Leptolyngbia sp. (Cyanobacteria), Cocconeis scutellum, Campylopyxis garkeana, and Gomphonemataceae (Bacillariophyceae), and the change of species composition of epiphytic community was independent on the leaf age. Significant relation between CHLa and POC showed organic matter on the leaves was consisted of algal cells. The amount of epiphytic POC was well correlated with diatom cell abundance (P<0.1), but not with total cell abundance. The prevalence of diatoms instead of Cyanobacteria on the leaves was shown by both chemical and taxonomic analyses. Low POC/DW ratios of epiphytic community on the older leaves indicated that inorganic suspended particles were more likely to adhere.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
48巻
開始ページ
55
終了ページ
61
出版年月日
2009-12-25
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧