このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16114
本文ファイル
別タイトル
Record of Cryptopsara couesii GILL (Lophiiformes: Ceratiidae) from off-Kume Island, Ryukyu Islands, Western Japan
著者
倉持 卓司
須藤 裕介
小川 麻里
玉城 英信
キーワード
ミツクリエナガチョウチンアンコウ
深海魚
深層水
東シナ海
Cryptopsara couesii GILL
bathypelagic fish
deep-sea water
Eastern China Sea
NDC
動物学
抄録
深層水取水施設にはしばしば深海生物が迷入するので,深海生物研究の定点観測施設としての意義もある。このたび,深海魚の一種であるミツクリエナガテョウチンアンコウが沖縄県深層水研究所(久米島)で採取された。この深層水取水施設の取水口は久木島沖の東シナ海,水深612mにある。ミツクリエナガチョウチンアンコウの分布域にはまだ不明な点が多いが,本種が東シナ海にまで分布することが初めて分かったので報告する。
抄録(英)
Facilities for the utilization of deep-sea water often catch deep-sea organisms that stray actively or passively into the influx tubes, and thus provide the chances for long-term in situ collection. Recently, a female specimen of the ceratioid, Cryptopsara couesii, was collected at the Okinawa dee-sea water facility. The inlet has been placed off Kume Island at the water depth of 612 m in the Eastern China Sea. Information about the distribution of C. couesii is only limited, and this finding adds a new geographical record to be archived.
内容記述
原著論文
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
42巻
開始ページ
11
終了ページ
14
出版年月日
2003-11-30
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
国立情報学研究所
ISSN
1348-1371
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧