このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16112
本文ファイル
別タイトル
Comparison of affinity of total Hb to O_2 between 2 subspecies of Japanese char, Gogi, Salvelinus leucomaenis imbrius and Nikkoiwana, S.l.plwius
著者
本崎 さおり
及川 信
竹田 達右
今林 博道
キーワード
イワナ
ゴギ
ヘモグロビン
ニッコウイワナ
酸素親和性
char
Gogi
hemoglobin
Nikkoiwana
oxygen affinity
NDC
動物学
抄録
日本産イワナ2亜種,ゴギとニッコウイワナの全ヘモグロビンの酸素親和性を比較した。pH7.8では,酸素解離曲線の傾きはゴギよりニッコウイワナの方が急であったが,P_<50>値はほぼ同レベルであった(それぞれ12及び13torr)。しかし,pH7.0では,傾きはニッコウイワナよりゴギの方が急で,P_<50>値はそれぞれ92及び78torrであった。すなわち,ゴギHbの方が弱いBohr効果を示した。これらの結果は,2亜種間で適応してきた棲息環境の溶存酸素濃度に違いがあることを示唆する。
抄録(英)
Total Hbs were compared for affinity to 02 among the 2 subspecies of the Japanese char, Salvelinus leucomaenis pluvius, called 'Nikkoiwana' and S. l. imbrius, called 'Gogi'. At pH7.8, 0_2 saturation curve was a little steeper for Nikkoiwana than for Gogi, but the P_<50> value was almost at the same level (13 and 12torr, respectively). At pH7.O, however, 0_2 saturation curve was slightly steeper for Gogi than for Nikkoiwana, and the P_<50> value was about 78 and 92torr, respectively. This suggests the differences in dissolved oxygen concentration between the water environments to which the two subspecies had adapted.
内容記述
原著論文
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
42巻
開始ページ
1
終了ページ
5
出版年月日
2003-11-30
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
国立情報学研究所
ISSN
1348-1371
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧