このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 29958
本文ファイル
別タイトル
Japanese companies and their introduction of American management technique : Analysis of the business rebuilding in the household appliance industry <Paper>
著者
藤井 誠一
キーワード
蓄積
長期志向
製品市場
事業再構築
有価証券報告書
家電産業
NDC
経済
抄録
金融危機で脆弱さを露呈した米国企業が迷走を始めた。それ以前10余年にわたって, 悩める日本企業は強い米国企業に再び見習おうと, こぞってその手法の良さを取り入れようとした時期があった。この動きによって, 日本企業はどの程度米国企業に近づいたのか, 日本企業と米国企業の特徴を明らかにしながら, 実証研究を行った。その結果, 多くの企業がいまだ日本企業の優位性である蓄積と長期志向を維持していることが分かった。その一方では, 一部米国化してしまった企業があることも分かった。また, 米国型経営手法の導入期に, 製品市場戦略がどのように実践されたのか, 人的資源を中心とする経営資源に焦点を当てながら検証した結果, 事業の区分や意思決定の仕組みなどにそれぞれの企業の特性が表れることが分かった。
掲載誌名
広島大学マネジメント研究
9号
開始ページ
1
終了ページ
12
出版年月日
2009-03-22
出版者
広島大学マネジメント学会
ISSN
1346-4086
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2009 by Author
部局名
社会科学研究科
他の一覧