このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 29959
本文ファイル
別タイトル
Consideration about marketing policy transition of IBM : From a viewpoint of interorganizational relation maintenance <Notes>
著者
澤井 雅明
キーワード
組織間関係
ソリューション・ビジネス
相互作用モデル
延期-投機モデル
NDC
経済
抄録
本論文は昨今のコンピューター産業における組織間関係維持に有効に作用するマーケティング施策としてソリューション・ビジネスに着目し, その検討の一環としてIBMについての史実研究を行った。その目的はコンピューターの元祖的存在であるIBMがその創業時から現在までの変遷の中でソリューション・ビジネスに到達したことについてマーケティングの観点から明らかにすることである。生産財取引における分析視座を用いながら, マーケティング施策の変遷とその意義について考察するとともに今後の課題について述べる。
掲載誌名
広島大学マネジメント研究
9号
開始ページ
13
終了ページ
24
出版年月日
2009-03-22
出版者
広島大学マネジメント学会
ISSN
1346-4086
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2009 by Author
部局名
社会科学研究科
他の一覧