このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 18001
本文ファイル
別タイトル
A historical review of stress research : Toward a new perspective of occupational stress research
著者
江口 圭一
戸梶 亜紀彦
キーワード
労働ストレス
ストレス研究
労働価値観
媒介要因
occupational stress
stress research
work values
mediation factors
NDC
社会
抄録
本論は, 労働ストレス研究で扱うべき2つの新たな課題を示す。第1に, 労働ストレス研究が, ストレス・マネジメントだけでなく, ヒューマン・リソース・マネジメント, リスク・マネジメントの視点から総合的に労働ストレス問題を取り扱わなければならないということである。これら3つの視点を統合することの必要性を, 1)労働者の健康問題, 2)企業の経済的負担, 3)企業の安全配慮義務, 4), 顧客満足, の4点から説明した。第2に, 労働ストレス研究において, これまであまり扱われていない労働価値観を取り上げる必要があるということである。労働価値観はストレッサーに対する認知や対処行動の前提となる個人要因であり, ストレッサー-ストレイン関係に影響を及ぼす媒介要因として, 大きな意味を持つと考えられる。今後, これらの2つの課題が, 労働ストレス研究における新たな知見をもたらすだけでなく, 労働ストレス問題への新たな介入方策を提示できると考える。
掲載誌名
広島大学マネジメント研究
4号
開始ページ
195
終了ページ
208
出版年月日
2004-03-19
出版者
広島大学マネジメント学会
国立情報学研究所
ISSN
1346-4086
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧