このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17996
本文ファイル
別タイトル
Feasibility of Transport Planning Management based on GIS Technology : A Proposal of Practical Bus Route Planning System
著者
藤山 浩
キーワード
中山間地域
生活交通
GIS
アカウンタビリティ
政策評価
NDC
運輸・交通
抄録
本論文は, 中山間地域の交通体系の課題状況について, 人口減少に伴う一層の居住の分散化や生活圏の拡大, バス交通への依存度等から整理した上で, 住民へのアカウンタビリティを満たすGISを活用した交通政策マネジメントの有効性を, 実際に構築されている生活バス交通GISとその分析事例を元に検証したものである。GISデータベース形式で集落, 生活拠点, バス路線, 道路等の関連部門の状況を集約することにより, 住民にもわかりやすいGISマップとして現況や整備効果が評価され, 地域現場と直結した客観的・合理的な交通政策マネジメントが可能となる。今後さらに, 政策決定過程の透明性とWeb-GIS等の技術革新が進むことにより, 交通政策の総合マネジメントツールとしてのGISは, 大きな利用可能性が広がるものと考える。
掲載誌名
広島大学マネジメント研究
4号
開始ページ
139
終了ページ
150
出版年月日
2004-03-19
出版者
広島大学マネジメント学会
国立情報学研究所
ISSN
1346-4086
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧