このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16073
本文ファイル
別タイトル
A Fund-Raising System as a Users' Cost Sharing for Local Public Service : Case Study of Illuminare in Kure Portpia Park
著者
平尾 元彦
キーワード
地方公共サービス
フリーライダー
募金方式
料金方式
NDC
政治
抄録
地方公共サービスの費用負担問題について,利用者負担の方法としての料金方式と募金方式を比較検討し,募金方式の可能性をさぐる。とくに域外者による費用負担の実現という観点から同方式の有効性について検討を行う。募金方式はフリーライダーを内在するシステムである。域外者がフリーライダーを指向して負担を少なくしようと行動するならば,域外者を含む利用者負担の方法として有効ではない。呉ポートピアパークにおいて実施されたイルミナーレ募金の事例では,このフリーライド仮説は成立しないとみられる。総収入の点でも募金方式は料金方式を大きく下回るものではない。むしろ需要を減少させないという性質から募金方式の有効性が示される。さらに同方式の有効性を高めるために,募金の「趣旨に賛同する」利用者を拡大するための情報提供の重要性を指摘する。
掲載誌名
広島大学マネジメント研究
3号
開始ページ
65
終了ページ
74
出版年月日
2003-03-20
出版者
広島大学マネジメント学会
国立情報学研究所
ISSN
1346-4086
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧