このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16069
本文ファイル
別タイトル
Rule Formation as Social Acknowledgement in Financial Accounting
著者
キーワード
会計基準設定プロセス
会計基準適用プロセス
規則性
社会的認知
透明性
説明と納得
NDC
経済
抄録
本稿では,財務会計における規則性の形成を,社会的な認知として位置づけたうえで検討している。財務会計における規則性は,会計基準の設定プロセスと適用プロセスにおいて顕在化する。本稿においては,これらプロセスおよびそれに関連した,環境変化への対応プロセス,規財性認知の社会性レベル,そして,透明性の確保レベルなどを,概念的かつ具体的に検討している。ここでの結論の一部としては,財務会計における規財
生の形成を直接に担うのは専門家集団であるが,それに対して社会的な認知を与えるのは会計情報利用者あるいは利害関係者であり,こうした観点から,財務会計における規則性と透明性を考察し,かつそうした観点に立脚した制度構築上の重要性を検討した。
掲載誌名
広島大学マネジメント研究
3号
開始ページ
1
終了ページ
15
出版年月日
2003-03-20
出版者
広島大学マネジメント学会
国立情報学研究所
ISSN
1346-4086
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧