このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 43040
本文ファイル
別タイトル
A consideration on the importance of hospitality in care workers <Notes>
著者
白井 志津子
キーワード
介護職
ホスピタリティ
新たな高齢者像
機能的等価価値
信頼関係の構築
NDC
経済
抄録
高齢化の進展に伴い,生活状況や価値観が一層多様化するだろうと予測される新たな高齢者像にも対応できるような介護サービスの提供を考慮していく必要がある。本稿は,施設利用者である高齢者(以下利用者)の生活状況と深く結びついた介護の価値観に焦点を当て,利用者と介護職の両者に介在する重要なコントロール要因としてホスピタリティを位置づけた上で,介護職におけるホスピタリティの重要性を検討したものである。ホスピタリティの基本的概念を概観し考察を加えた。さらに,ホスピタリティは対人関係において実現されるものであることを示唆し,介護サービスの構造を欲求に見合う機能的等価価値と位置づけられると考えた。また,介護の場においてホスピタリティの実践のために必要な能力について検討した。ホスピタリティの応用が介護職と利用者との信頼関係に大きく影響し,ホスピタリティを行動の側面から捉える場合の指標となった。
掲載誌名
広島大学マネジメント研究
17号
開始ページ
13
終了ページ
21
出版年月日
2016-03-25
出版者
広島大学マネジメント学会
ISSN
1346-4086
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2016 by Author
部局名
社会科学研究科
他の一覧